医院を開業するまでにするべき手順

医院の開業では、いくつかのプロセスがあり、そのどれも重要です。やっていきたいこと、できるだけこうしたことは避けていきたいというコンセプトを決めるということです。その際にコンサルタントなどに大部分のことを頼るのではなく、最低でもこれだけのことはやっていくということをブレずに実行することが重要です。コンセプトを決めることは医院開業の1年前、最低でも半年以上前から決めておかなければなりません。そうする理由としては、これをするべきだ、あれもやるべきだという周囲のアドバイスに心を動かされ、高いコストでの医院開業につながる恐れがあるからです。まずは軌道に乗せるために必要なことをし、後からでもできることはせず、今必要なことをしていくという姿勢が大切です。

念入りに行わなければならない資金集め

どのように資金集めを行うか、事業計画はどのようにするか、などのことは念入りにしておく必要があります。特に返済に関すること、銀行からの融資を引き出すための事業計画案の作成は緻密にしなければなりません。返済は、診療報酬の中から家賃や人件費、リース代などの費用を差し引き、そこから行われます。そこがうまくいかないと、返済するだけで苦労を強いられることになります。銀行からの融資を引き出すための事業計画というのも、現実的なものでなければ銀行は認めてくれません。当然、銀行もそう簡単には貸し出してくれず、リスクを考慮して決めることになります。周囲の助けなどを借り、妥当な数字であるかどうかなどをしっかりと見極め、計画を立てていくということが求められていきます。

実は早めにやらないといけない広告

コンビニやスーパーマーケットと違い、医院が開業したからちょっと行ってみるかという感覚で行けるものではありません。そのため、医院開業の数か月前ぐらいから、広告に関する準備をしていく必要があります。周辺の病院事情というものは、実際に開業しなければわからない点が多々あります。この部分に不満がある、絶大な信用を集める医師がいるなど、リサーチではわかりにくいところも出てきます。あいさつ回りを重ね、医院を開業することを宣伝するだけでなく、スタッフの採用広告を同時に出し、質の高い人材を確保することも重要です。そうしたことを踏まえ、患者を確保すること、人員を確保することをしていくには早めに行動をすること、特に広告やホームページだけでなく、実際に地域の集まりに顔を出すなどのことが必要なのです。これらのプロセスを経て医院は開業されます。